札幌市の不動産売却は、提案力と集客力で全力サポートいたします。【ワンストップ不動産株式会社】へ

中古住宅の売買、越境問題について

こんにちは。土地には必ず境界が存在しています。それを、法務局の地積測量図、もしくは、

実測図による書類等で確認します。そして、現地の境界石と照らし合わせることになります。

境界石がなければ、新たに実測して埋設します。土地、中古一戸建ての売買では、境界の明示

が、契約書に記載されています。その境界から、隣地の塀、樹木などが越境されているケースも

多々あります。(逆に、対象地から隣地に越境してるケースもあります)通常、不動産業者は、

現地調査をして、買主に告知することと、将来において災いにならないよう、越境の当事者間で

何らかの解決を書面で交わしておきます。これを怠ると、売主の瑕疵担保責任、もしくは業者の

重要事項説明不足になるでしょう。時には、隣地の上下水道管が越境して埋設されているケース

もあり、将来必ず不利益が発生します。越境問題がないかどうか?必ず業者に確認しましょう。

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例不動産売却コラム売却査定
ワンストップ不動産

ワンストップ不動産株式会社

北海道知事 石狩(10)第8371号

〒003-0827
北海道札幌市⽩⽯区菊⽔元町7条2丁⽬9番14号
TEL:0120-882-323


営業時間:いつでも対応いたします。
定休日:年中対応

Copyright © All rights Reserved byワンストップ不動産株式会社