札幌市の不動産売却は、提案力と集客力で全力サポートいたします。【ワンストップ不動産株式会社】へ

古くなった中古住宅が札幌市場に出ない理由とは?

 こんにちは。最近、札幌の中古住宅市場に、築年数が経った物件を見かけなくなりました。それは、不動産事業者が買い取って、リニューアルのうえ販売してるからです。買う側からすると、古くて汚い物件より、綺麗な方が第一印象もよく、購入意欲も高まります。売る側は、多少安くても処分が早くできることです。しかし、裏側には仲介業者の売上が絡んでいます。つまり、一旦買取業者に買わせて、それを再販することで、一つの物件で仲介手数料を2回得られることになります。これを意図的に仕組んでいる仲介業者が多いです。この仕組みが、本当に消費者のためになるか?とても疑問です。古くなっても、買主が好きなようにリフォーム・リノベをして購入する方が満足度も高く、安く買えるはずです。また、売主も古い物件でも、買主へのリフォーム提案ができる業者であれば、業者買取より高く売れるでしょう。結局、仲介業者の考え方一つで、売る方も、買う方も、不利益が生まれる可能性があります。もう少し、仲介市場において、適正な価格で流通できたら、いいな〜と思います。

札幌不動産相場マップから、ご自宅の不動産価格を調べましょう。

札幌市の不動産売却は【ワンストップ不動産株式会社】へ (one-stopsell.com)

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例不動産売却コラム売却査定
ワンストップ不動産

ワンストップ不動産株式会社

北海道知事 石狩(10)第8371号

〒003-0827
北海道札幌市⽩⽯区菊⽔元町7条2丁⽬9番14号
TEL:0120-882-323


営業時間:いつでも対応いたします。
定休日:年中対応

Copyright © All rights Reserved byワンストップ不動産株式会社