札幌市の不動産売却は、提案力と集客力で全力サポートいたします。【ワンストップ不動産株式会社】へ

中古住宅の売却、売主さんが注意すべき納得性とは?

公開日:2022/07/24

カテゴリー:

中古住宅の売却には、多くの問題課題が存在しています。

それらを、「透明性、納得性、安心・安全性、快適性、将来性」5つの視点で考えてみます。

前回の透明性に続き、二番目に納得性の注意点を記載します。

売主さんの納得性は、透明性と連動しますが、営業マンの報告・連絡・相談、説明、交渉などから変わっていきます。

①こまめな報連相から生じる納得性

 不動産業者には、売主さんに販売活動、営業活動を定期的に報告、説明する義務、責任があります。

 通常は、2週間程度に1回は行うべきです。どのような広告をしたのか?どんな問い合わせあったのか?

 などなど、売主さんが現状を把握できるようにすることが大切です。その事により、売主さんの不安・不信

 が減少して、納得しながら売却を進めていくことができます。

②価格交渉における納得性

 売主さんは、少しでも高く売りたいと思うのが当たり前です。しかし、思うように売れないときに、販売価格を

 下げる交渉があります。基本的に、適正な価格で売却を任せたのであれば、安易に価格を下げることに応じるべき

 ではないでしょう。仮に、下げる場合でも、なぜ売れないのか?その理由を明確にしてもらうことが納得につながります。

 このとき、最初に査定してもらった時と、言ってることが大きく違うなら、その業者に任せておく事はできません。

 また、買いたい人が現れて、成約に向けて値引き交渉をされることも多々あります。このときも注意が必要です。

 本当に値引きに応じなければ買わないのか?値引き額を縮めることができるのか?営業マンに問いかけてみましょう。

 納得できない返事なら断ったほうがいいでしょう。納得できる理由、条件が重要です。

営業マンとは、日頃の誠実で良好なコミュニケーションが、とても大切です。納得できな契約は、後々後悔します。

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例不動産売却コラム売却査定
ワンストップ不動産

ワンストップ不動産株式会社

北海道知事 石狩(10)第8371号

〒003-0827
北海道札幌市⽩⽯区菊⽔元町7条2丁⽬9番14号
TEL:0120-882-323


営業時間:いつでも対応いたします。
定休日:年中対応

Copyright © All rights Reserved byワンストップ不動産株式会社